叙情四重奏「カノン」 ジレンマ 歌詞

叙情四重奏「カノン」 ジレンマの歌詞を提供しています。 『ジレンマ』とは叙情四重奏「カノン」さんが2016/02/10に発売された楽曲です。

ジレンマ 歌詞

曲名:ジレンマ

発売日:2018/3/4

歌手:叙情四重奏「カノン」

作詞:叙情四重奏「カノン」

作曲:叙情四重奏「カノン」

覆われる途中の景色に彼を見た様な気がして
瞼を閉じる
薄汚い壁には絡み合った二つの影が踊って
真夜中

彼も彼も私じゃなくて 似た人を見て
悟る私の頭が嫌い、誰か早く空にして

愛されたいの、でもあまり慣れないから
少し怖いだけ
差し出された手さえ掴み方も解らず
そうしてまた一人

ベッドに投げ捨てた着信に気付かぬ様な振りをして
耳を塞ぐの
薄明りも消して、それでも視界奪えないと気付いて
明け方

彼も彼も彼ではなくて 似てもいなくて
差し出してきた心は痛い、貴方の嘘で満たして

温もりなど求めては陽の光を
嫌って隠れて
曝け出せばきっと汚ればかり目立って
貴方も去るでしょう

愛されたいの、でもあまり慣れないから
少し怖いだけ
差し出された手さえ掴み方も解らず
そうしてまた一人

叙情四重奏「カノン」とジレンマと歌詞について

以上が叙情四重奏「カノン」 ジレンマの歌詞です。

  • 叙情四重奏「カノン」の楽曲一覧はこちらから
  • ジレンマ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

叙情四重奏「カノン」 ジレンマの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。