川村結花 空が空 歌詞

川村結花 空が空の歌詞を提供しています。 『空が空』とは川村結花さんが2016/03/01に発売された楽曲です。

空が空 歌詞

曲名:空が空

発売日:2018/3/4

歌手:川村結花

作詞:川村結花

作曲:川村結花

あなたはわたしをやわらかくする
君が何かを成し遂げたから
君をあいしているんじゃない
何にもなれないと 何故かなしむの
何かにならなきゃ 何故いけないの

いつも 忘れないで
寂しさは弱さじゃない
長い暗闇が
たとえ今日も君を試しても

空が空であるように
雨が雨であるように
まして 君に代わるものが
いったい何処にあるだろうか
いったい何処にあるだろうか

何処に着いたら旅は終わるの
何かに勝てばそれは終わるの
もうこれでいいと思える
時など来ないと 君も知ってる

だけど 忘れないで
僕は何時も 傍にいる
笑顔の奥にある
痛みごと すべてを抱きしめる

空が空であるように
雨が雨であるように
まして 君に代わるものが
いったい何処にあるだろうか

もしも夜が明けなくても
涙が光に変わらずとも
全て無意味と思い知らされても
空が空でなくなっても
空が空でなくなっても

川村結花と空が空と歌詞について

以上が川村結花 空が空の歌詞です。

  • 川村結花の楽曲一覧はこちらから
  • 空が空関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

川村結花 空が空の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。