木山裕策 思いがかさなるその前に 歌詞

木山裕策 思いがかさなるその前にの歌詞を提供しています。 『思いがかさなるその前に』とは木山裕策さんが2016/03/02に発売された楽曲です。

思いがかさなるその前に 歌詞

曲名:思いがかさなるその前に

発売日:2018/3/4

歌手:木山裕策

作詞:木山裕策

作曲:木山裕策

ねぇ そんな事を隣でキミも思ったりするのかな
思いが重なるその前に強く手を握ろう

キミの目に映る青空が
悲しみの雨に滲んでも
そんな時は思い出して
笑い合えた今日の日を

肩を落とすキミを見る度に
連れ出すのは僕の方なのに
時々わからなくなるよ
僕が救われてるんだ

その掌は虹も掴めるさ
キミだけの歌を
ラ ラ ラ 探しに行こう

ねぇいつかキミは僕のことを忘れてしまうのかな
その時はキミに手を振って
ちゃんと笑ってられるかな
ねぇそんな事を隣でキミも思ったりするのかな
思いが重なるその前に強く手を握ろう

誰といても一人ぼっち
唇噛み締める時には
またここにきて同じ空を
何も言わずに見上げよう

涙も傷も宝物になる
キミだけに歌を
ラ ラ ラ 歌って行こう

ねぇいつかキミは君の夢を忘れてしまうのかな
その時は瞳逸らさずにキミと向き合えるのかな
ねぇこんな僕はキミのために何ができるのかな
言葉にならない思いだけ強く手を握ろう
強く手を握ろう

木山裕策と思いがかさなるその前にと歌詞について

以上が木山裕策 思いがかさなるその前にの歌詞です。

  • 木山裕策の楽曲一覧はこちらから
  • 思いがかさなるその前に関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

木山裕策 思いがかさなるその前にの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。