木山裕策 僕が一番欲しかったもの 歌詞

木山裕策 僕が一番欲しかったものの歌詞を提供しています。 『僕が一番欲しかったもの』とは木山裕策さんが2016/03/02に発売された楽曲です。

僕が一番欲しかったもの 歌詞

曲名:僕が一番欲しかったもの

発売日:2018/3/4

歌手:木山裕策

作詞:木山裕策

作曲:木山裕策

さっきとても素敵なものを
拾って僕は喜んでいた
ふと気が付いて横に目をやると
誰かがいるのに気付いた
その人はさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に
必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
僕はそれをあげる事にした

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう
その人は何度もありがとうと
嬉しそうに僕に笑ってくれた

その後にもまた僕はとても
素敵なものを拾った
ふと気が付いて横に目をやると
また誰かがいるのに気付いた
その人もさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に
必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
またそれをあげる事にした

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう
なによりも僕を見て嬉しそうに
笑う顔が見れて嬉しかった

結局僕はそんな事を何度も繰り返し
最後には何も見つけられないまま
ここまで来た道を振り返ってみたら

僕のあげたものでたくさんの
人が幸せそうに笑っていて
それを見た時の気持ちが僕の
探していたものだとわかった

今までで一番素敵なものを
僕はとうとう拾う事が出来た

木山裕策と僕が一番欲しかったものと歌詞について

以上が木山裕策 僕が一番欲しかったものの歌詞です。

  • 木山裕策の楽曲一覧はこちらから
  • 僕が一番欲しかったもの関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

木山裕策 僕が一番欲しかったものの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。