Something ELse 夏華 歌詞

Something ELse 夏華の歌詞を提供しています。 『夏華』とはSomething ELseさんが2004/08/25に発売された楽曲です。

夏華 歌詞

曲名:夏華

発売日:2018/3/4

歌手:Something ELse

作詞:Something ELse

作曲:Something ELse

隅田川の水面照らす ビール会社のモニュメント
駅に向かう人に紛れ 煙った空を見上げた

吾妻橋に溢れ返る 人波に流されぬように
約束した場所で一人 あなたの姿探した

二人見上げた夜空に 一番最後の花火が
夏の星座の一つのように 高く高く昇っていった

まばたきの間に 消えてった僕たちの夢は
まだ君の心で 変わらずに輝いているの?
永遠に終わらない夏 いつまでも終わらない夏

またこうして時が過ぎて どうしようもなく恋が終わるなら
いつまでも繰り返される 無情な別れのメロディーたち

二人見上げた夜空の 一番最後の花火が
消えないように消えないようにと 祈りながら手を握った

まばたきの間に 消えてった夏の夜の夢は
いつの日か忘れて 誰かと続きを見ているの?
まばたきの間に

まばたきの間に 消えてった僕たちの夢は
まだ僕の心で 変わらずに輝いているよ
まばたきの間に 消えてった夏の夜の夢は
美しすぎるから
永遠に終わらない夏 いつまでも終わらない夏 永遠に終わらない夏

Something ELseと夏華と歌詞について

以上がSomething ELse 夏華の歌詞です。

  • Something ELseの楽曲一覧はこちらから
  • 夏華関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Something ELse 夏華の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。