久保田利伸 覚えていた夢 歌詞

久保田利伸 覚えていた夢の歌詞を提供しています。 『覚えていた夢』とは久保田利伸さんが1990/07/15に発売された楽曲です。

覚えていた夢 歌詞

曲名:覚えていた夢

発売日:2018/3/4

歌手:久保田利伸

作詞:久保田利伸

作曲:久保田利伸

かすかなライト 椅子にもたれ
胸のラインが 三日月のよう
ooh ため息で 見つめてる

あなたの影が 波を打てば
揺れる心を 探したくて

ooh 耳もとで and I touch the world

抱きしめて ささえたいだけなのに
さみしげなくちびるが あざやかで
覚えてた 夢のように

裸の指を きつく噛んで
もうはずせない 指輪にしよう

ooh 夜明けまで and I touch the world

抱きしめて 感じたいだけなのに
うつ向いたまなざしが あやしげで
覚えてた 夢のように

問いつめて なにもかも なくしたい

抱きしめて ささえたいだけなのに
さみしげなくちびるが あざやかで
覚えてた 夢のように

抱きしめて 感じたいだけなのに
うつ向いたまなざしが あやしげで
覚えてた 夢のように

久保田利伸と覚えていた夢と歌詞について

以上が久保田利伸 覚えていた夢の歌詞です。

  • 久保田利伸の楽曲一覧はこちらから
  • 覚えていた夢関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

久保田利伸 覚えていた夢の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。