原田悠里 女‥みぞれ雨 歌詞

原田悠里 女‥みぞれ雨の歌詞を提供しています。 『女‥みぞれ雨』とは原田悠里さんが2016/03/02に発売された楽曲です。

女‥みぞれ雨 歌詞

曲名:女‥みぞれ雨

発売日:2018/3/4

歌手:原田悠里

作詞:原田悠里

作曲:原田悠里

海鳥なく声 心にしみる
出船の汽笛が 心を濡らす
帰って来るよと 優しい言葉
今日も信じて 待ってる私
グラスにこぼした 紅色の
涙は女の みぞれ雨

運命(さだめ)と知りつつ 面影追えば
未練が絡んで 波間にゆれる
うらんではみたけど むなしさだけが
残るばかりの この身が辛い
やっぱり駄目ねと いいながら
つくる笑顔の ひとり酒

も一度一緒に 暮らせる夢を
思ってみても はかない縁(えにし)
いいのさ いいんだよ わかっているの
どうせ二人は 流れる雲さ
明日はどこかの 空の下
せめて捨てたい みぞれ雨

原田悠里と女‥みぞれ雨と歌詞について

以上が原田悠里 女‥みぞれ雨の歌詞です。

  • 原田悠里の楽曲一覧はこちらから
  • 女‥みぞれ雨関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

原田悠里 女‥みぞれ雨の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。