川中美幸 男の値打ち 歌詞

川中美幸 男の値打ちの歌詞を提供しています。 『男の値打ち』とは川中美幸さんが2016/03/02に発売された楽曲です。

男の値打ち 歌詞

曲名:男の値打ち

発売日:2018/3/4

歌手:川中美幸

作詞:川中美幸

作曲:川中美幸

今は雑魚(ざこ)でも 心に錦(にしき)
きっと出番は まわって来るさ
大海原(おおうなばら)に 潮吹く日まで
男を磨いて 機会(とき)を待つ
そうさ、男の
男の人生 心意気

ついてないなと 溜息つくな
明日を信じて 飲もうじゃないか
山より高い 野心(のぞみ)があれば
女は黙って ついて来る
そうさ、男は
男は中身だ 顔じゃない

金だ地位だと 目の色かえりゃ
人の情けが 見えなくなるぞ
人生楽な 近道はない
千里の道でも 一歩から
そうさ、男は
男は苦労で 花が咲く

川中美幸と男の値打ちと歌詞について

以上が川中美幸 男の値打ちの歌詞です。

  • 川中美幸の楽曲一覧はこちらから
  • 男の値打ち関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

川中美幸 男の値打ちの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。