大川栄策 三日月物語 歌詞

大川栄策 三日月物語の歌詞を提供しています。 『三日月物語』とは大川栄策さんが1998/09/19に発売された楽曲です。

三日月物語 歌詞

曲名:三日月物語

発売日:2018/3/4

歌手:大川栄策

作詞:大川栄策

作曲:大川栄策

男と女のちぎりは
三日夜通いが定めやら
白い朝露消えたって
愛はどこまでどこまで消えない
あー恋の名残りに舞い散る桜
風にはらはら風にはらはら
夜空にふりしきる

こころの刹那さこらえて
誰を呼ぶのか春告鳥(うぐいす)よ
癒(き)えず忘れず捨てられず
夜ごと縛って縛って乱れる
あー満ちた月ならいつかは欠ける
銀の雫で銀の雫で
夜空を染めながら

あー炎えてメラメラ躰に絡む
蜘蛛(くも)の生糸(シルク)が蜘蛛の生糸が
夜空にふりしきる

大川栄策と三日月物語と歌詞について

以上が大川栄策 三日月物語の歌詞です。

  • 大川栄策の楽曲一覧はこちらから
  • 三日月物語関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

大川栄策 三日月物語の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。