高井ひとみ 木洩れ日の道 歌詞

高井ひとみ 木洩れ日の道の歌詞を提供しています。 『木洩れ日の道』とは高井ひとみさんが2016/03/02に発売された楽曲です。

木洩れ日の道 歌詞

曲名:木洩れ日の道

発売日:2018/3/4

歌手:高井ひとみ

作詞:高井ひとみ

作曲:高井ひとみ

人生はとても 気まぐれで
突然降り出す 雨のようね
傘の用意もなくて ただ濡れるしかない
だけど私には あなたがいた
つないだ優しい その手が
命の砂時計の 時をつないで
見つめ合い 耳を澄まし 愛し続ける
たった一度の 木洩れ日の道で

歌うことそれは 喜びね
明日への希望 つないでゆく
冬の終わりを告げる あの桜と同じ
だからこの歌を あなたのため
言えない言葉の 変わりに
二人の砂時計が 尽きる時まで
笑い泣き 悩み迷い 歩き続ける
かけがえのない 木洩れ日の道を

命の砂時計の 時をつないで
見つめ合い 耳を澄まし 愛し続ける
たった一度の 木洩れ日の道で

高井ひとみと木洩れ日の道と歌詞について

以上が高井ひとみ 木洩れ日の道の歌詞です。

  • 高井ひとみの楽曲一覧はこちらから
  • 木洩れ日の道関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

高井ひとみ 木洩れ日の道の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。