GILLE きっと 歌詞

GILLE きっとの歌詞を提供しています。 『きっと』とはGILLEさんが2016/03/02に発売された楽曲です。

きっと 歌詞

曲名:きっと

発売日:2018/3/4

歌手:GILLE

作詞:GILLE

作曲:GILLE

桜舞い始めた頃 新しい扉に
小さく深呼吸した 後ろ姿

いつも一生懸命な瞳 忘れないで

今 空を飛べ この風に乗って
君だからできる 大事なこと
灰色の雲も 悲しいくらいの雨も
きっときっと 空を見上げて
明日は晴れるから

白い秋桜(コスモス)が薫り
泣きながらの帰り道
「大丈夫」一言だけ 強がってた

どんな悔しいことも 心忘れないで

今 空を飛んで 描く景色は
君だから見える 大事なこと
心に抱えた 傷跡もいつの日か
きっときっと 君を強くする
明日を掴もう

夢を追い掛けて 輝いて
諦めないでいて 君の未来を

本当は不安で ただただ広い空を
眺めてるだけの 自分でも
大丈夫だから ほら笑顔を見せて
きっときっと…

今 空を飛べ この風に乗って
君だからできる 大事なこと
灰色の雲も 悲しいくらいの雨も
きっときっと 空を見上げて
明日は 明日は晴れるから

GILLEときっとと歌詞について

以上がGILLE きっとの歌詞です。

  • GILLEの楽曲一覧はこちらから
  • きっと関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

GILLE きっとの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。