東郷美森(三森すずこ) 時計仕掛けの記憶 歌詞

東郷美森(三森すずこ) 時計仕掛けの記憶の歌詞を提供しています。 『時計仕掛けの記憶』とは東郷美森(三森すずこ)さんが2016/03/02に発売された楽曲です。

時計仕掛けの記憶 歌詞

曲名:時計仕掛けの記憶

発売日:2018/3/4

歌手:東郷美森(三森すずこ)

作詞:東郷美森(三森すずこ)

作曲:東郷美森(三森すずこ)

何度目の季節 思い出しても分からなくて 月が欠ける
世界中 共謀した時は 騙されてしまう

昨日 前に放った弾が 私の今日を打ち抜いた
あのカゲロウ 土に堕ちた 嘘つくのは誰?

冷たい雨 叩きつける
靴の裏に 心に感じている
伝う涙 海に還って
空に成って ああ 濡らしてく

テーブルの上に置き去りの手帳 扉開く
見慣れないけど 明らかに私の筆跡のデコボコに触れる

昨日あなたにかけた言葉 今の私を慰める
穴の開いた記憶の中 失くしたのは何?

傘も差さず 眺めている
生まれ落ちて弾ける水はまるで
蒸発と昇華の輪廻
そして大地 削り取ってく

冷たい雨 叩きつける
靴の裏に 心に感じている
伝う涙 海に還って
空に成って ああ 濡らしてく

東郷美森(三森すずこ)と時計仕掛けの記憶と歌詞について

以上が東郷美森(三森すずこ) 時計仕掛けの記憶の歌詞です。

  • 東郷美森(三森すずこ)の楽曲一覧はこちらから
  • 時計仕掛けの記憶関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

東郷美森(三森すずこ) 時計仕掛けの記憶の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。