乃木園子(花澤香菜) EXODUS 歌詞

乃木園子(花澤香菜) EXODUSの歌詞を提供しています。 『EXODUS』とは乃木園子(花澤香菜)さんが2016/03/02に発売された楽曲です。

EXODUS 歌詞

曲名:EXODUS

発売日:2018/3/4

歌手:乃木園子(花澤香菜)

作詞:乃木園子(花澤香菜)

作曲:乃木園子(花澤香菜)

光の海を越えて
羽を休める鳥たち
窓辺 さえずり 思い出話する
少し忘れかけてた
気にも留めない 普通のことが
いま懐かしい

日常が牙をむき 本性現す
とりたてて特別じゃなかったはずなのに なぜ

わたし
太陽の陰り 雨降り濡れる砂を
イメージの泉に浮かべてる
あこがれ
スカートの裾をリズムの波に乗っけて
いつか踊ってみたい 夢見ていいかな

また次の旅支度
騒ぎ始める鳥たち
瞳 次の目的地が映る
どうかその背に乗せて
ここから連れ出してほしいけど
声届かない

こんなふうにいつも 見上げてるのに
青空は黙って 答えてさえくれない でも

わたし
蜃気楼の海 揺らめく珊瑚礁を
深呼吸の陰に生み出すよ
それから
波の音聞いて 靴なんかもう脱ぎ捨てて
地平線と走るの 夢見ていいかな

わたし
太陽の陰り 雨降り濡れる砂を
イメージの泉に浮かべてる
あこがれ
スカートの裾をリズムの波に乗っけて
いつか踊ってみたい 夢見ていいかな

乃木園子(花澤香菜)とEXODUSと歌詞について

以上が乃木園子(花澤香菜) EXODUSの歌詞です。

  • 乃木園子(花澤香菜)の楽曲一覧はこちらから
  • EXODUS関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

乃木園子(花澤香菜) EXODUSの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。