つるの剛士 つぐない 歌詞

つるの剛士 つぐないの歌詞を提供しています。 『つぐない』とはつるの剛士さんが2016/03/02に発売された楽曲です。

つぐない 歌詞

曲名:つぐない

発売日:2018/3/4

歌手:つるの剛士

作詞:つるの剛士

作曲:つるの剛士

窓に西陽があたる部屋は
いつもあなたの匂いがするわ
ひとり暮せば想い出すから
壁の傷も残したままおいてゆくわ
愛をつぐなえば別れになるけど
こんな女でも忘れないでね
優しすぎたのあなた
子供みたいなあなた
あすは他人同志になるけれど

心残りはあなたのこと
少し煙草もひかえめにして
過去に縛られ暮らすことより
わたしよりも可愛い人探すことよ
愛をつぐなえば重荷になるから
この町を離れ暮らしてみるわ
お酒のむのもひとり
夢を見るのもひとり
あすは他人同志になるけれど

愛をつぐなえば別れになるけど
こんな女でも忘れないでね
優しすぎたのあなた
子供みたいなあなた
あすは他人同志になるけれど

つるの剛士とつぐないと歌詞について

以上がつるの剛士 つぐないの歌詞です。

  • つるの剛士の楽曲一覧はこちらから
  • つぐない関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

つるの剛士 つぐないの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。