グミ フェイバリットバンド 歌詞

グミ フェイバリットバンドの歌詞を提供しています。 『フェイバリットバンド』とはグミさんが2016/03/02に発売された楽曲です。

フェイバリットバンド 歌詞

曲名:フェイバリットバンド

発売日:2018/3/4

歌手:グミ

作詞:グミ

作曲:グミ

日常に溢れてるくだらない気持ちは
SNSに書いて誰かに見せればさ
どうにかなるでしょう

春がやってきて気温は上昇
公園でビールを飲んで
歌でも歌えばさ悪いことないけど
なんだか足りなそう

その理由はきっと君がそこにいないから
君の好きなバンド俺全然良いと思わんから

だから今僕が大きな声で歌って
君の不安の全てを消したいのさ
笑顔みせてよ
とてもじゃないけど
メジャーデビューできないけど
心を込めて歌ったら届くかな
君の好きなあのバンドみたいに

昔話みたいにね君との思い出も全部
色褪せてくその前に
歌にして残しておいたから

もしも君が暗い闇に邪魔されて
歩き疲れてしまった時は
少しでも側にいるよ

いつか日々は幸せに辿り着くかも
根拠はどこにもないけど
そんなこと考えてしまうよ
とてもじゃないけど
メジャーデビューできないけど
心を込めて歌ったら届くかな
君の好きなあのバンドみたいに

グミとフェイバリットバンドと歌詞について

以上がグミ フェイバリットバンドの歌詞です。

  • グミの楽曲一覧はこちらから
  • フェイバリットバンド関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

グミ フェイバリットバンドの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。