BURNOUT SYNDROMES サクラカノン 歌詞

BURNOUT SYNDROMES サクラカノンの歌詞を提供しています。 『サクラカノン』とはBURNOUT SYNDROMESさんが2016/03/02に発売された楽曲です。

サクラカノン 歌詞

曲名:サクラカノン

発売日:2018/3/4

歌手:BURNOUT SYNDROMES

作詞:BURNOUT SYNDROMES

作曲:BURNOUT SYNDROMES

先刻のカノンが今も耳に痼びり付いている
音色に紛れて微かに聞こえた君の嗚咽も
教室には笑顔と 黒板埋める言葉の数々
寂しさを誤魔化した 変な顔のフォトグラフ

右手の卒業証書は 夢への片道チケットで
別れ告げる紙テープ

桜吹雪の帰り路を君と行く
合わない歩幅を狭めて合わせて せめて今日だけ同じ速度で
「涙 零しても良いのよ こんな日くらい素直に」
君の聲 遥か先を行くようで ひとり立ち止まる

机に彫られた誰にも読めない誰かの頭文字
靴音 感情のまま響く廊下のリノリウム

ふたり 想い出を語り合う その美しさを競うように
明日には此処は故郷

桜吹雪の帰り路を君と行く
空に伸ばす手を花が擦り抜ける 別れの言葉 浮かんでは消えた
「去らば 蒼い日々よ エンドロールには君の名前を」
似合わない詩は喉元で解れ 溜息に変わった

桜吹雪の別れ路で君は言う
「またね」って笑顔で 友達のままで まるで明日も逢えるかのように
「さよなら どうか元気で 二度と逢うことはないでしょうけど」
君の跫がそう言っているようで 僕は振り返る

何度も振り返る

夕暮れ 蒼く染めゆく星空 淡く瞬くその光は
何光年の闇を越え 地球にたった今 辿り着いた光
今なら言える「愛している」も 舞い散る初恋の花弁も
今日 僕の旅路に降り注ぐ 掛け替え無き蒼い光

BURNOUT SYNDROMESとサクラカノンと歌詞について

以上がBURNOUT SYNDROMES サクラカノンの歌詞です。

  • BURNOUT SYNDROMESの楽曲一覧はこちらから
  • サクラカノン関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

BURNOUT SYNDROMES サクラカノンの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。