北島三郎 一本気 歌詞

北島三郎 一本気の歌詞を提供しています。 『一本気』とは北島三郎さんが2008/01/01に発売された楽曲です。

一本気 歌詞

曲名:一本気

発売日:2018/3/4

歌手:北島三郎

作詞:北島三郎

作曲:北島三郎

まつりと聞いたら 血が騒ぐ
みこし担げば 光る汗
咲いてる花より 散る桜
涙もろくて 男前
日本の男は
誠 純情 一本気 一本気

黙ってぐいのみ 手酌酒
歌をうたえば 演歌節
どしゃぶり雨でも 傘いらぬ
濡れた笑顔が 男前
日本の男は
誠 純情 一本気 一本気

惚れたらとことん 惚れぬいて
決して女を 泣かせない
ふところ寒いが 見栄を張る
嫌と言えない 男前
日本の男は
誠 純情 一本気 一本気

北島三郎と一本気と歌詞について

以上が北島三郎 一本気の歌詞です。

  • 北島三郎の楽曲一覧はこちらから
  • 一本気関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

北島三郎 一本気の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。