Eve 『いのちの食べ方』 歌詞

Eve いのちの食べ方 の歌詞を提供しています。『いのちの食べ方』とはEve さんが 2020/2/12 に発売された楽曲です。

いのちの食べ方歌詞

曲名:いのちの食べ方

発売日:2020/2/12

歌手:Eve

作詞:Eve

作曲:Eve

足りないもの探して バックパッカー

かっとなっては やっちまった

急展開に期待しなくたって

きっと君は来ないってないってば

“ビビディバビデブー”

おまじないみたいなもんさ

帰りを今も待ち望んでは

その感動はまた走り去った

これじゃないと あれじゃないと 焦りだけが募るようだ

隣に握りしめる手が欲しかった

温もりを知らぬまま

心まで貧しくなって

グレイの海を彷徨った

美は満ち溢れているんだ

見過ごすな

夜が明ける前に酔いを醒まして

時間がないんだ君には

盲目でいたいの 退屈な今日を

超えていきたいんだきっと

声が届くまで想いをぶつけて

ふらふらになってしまうまで

僕らにそれを忘れることを許さないから

考えることすらやめてしまいな

真夜中踊りだすマッドハッター

あっというまに 経っちまった

空想上に期待したくなって

きっと君はこないってないってば

現実との狭間で泣いて

腹を裂かれるこの思いで

飲み干した言葉の棘が刺さる

その滑稽さだけが残った

お気に入りの カトラリーは 至福だけを運ぶようだ

テーブルをみんなで囲みたかったんだ

ナイフを突き立てては

君の喉仏を裂いて

指先を湿らせたんだ

フォークの使い方なんて

誰にも教わらなかった

真理を見ようとしないで

命の重さを量った

揺らめく篝火の中

何をみた

夜が明ける前に酔いを醒まして

時間がないんだ君には

盲目でいたいの 退屈な今日を

超えていきたいんだきっと

声が届くまで想いをぶつけて

ふらふらになってしまうまで

僕らにそれを忘れることを許さないから

考えることすらやめてしまいな

僕が食べる前に僕を見つけて

Eveと いのちの食べ方と歌詞について

以上が Eveいのちの食べ方の歌詞です。

  • Eveの楽曲一覧はこちらから
  • いのちの食べ方関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Eve いのちの食べ方の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。