まふまふ 『悔やむと書いてミライ』 歌詞

まふまふ 悔やむと書いてミライ の歌詞を提供しています。『悔やむと書いてミライ』とはまふまふ さんが 2020/4/23 にネット上で公開された楽曲です。

悔やむと書いてミライ歌詞

曲名:悔やむと書いてミライ

公開日:2020/4/23

歌手:まふまふ

作詞:まふまふ

作曲:まふまふ

一思いにボクを刺してくれたら

いいのにな いいのにな

不条理な御託で刺してくれたら

いいのにな いいのにな

いつかゴミに出したのに

袖口に隠していた生涯

燃やせぬまま灰になれずにいたんだ

死にたい 消えたい以上ない

こんな命に期待はしないさ

故に夢に魘され

塞いだ過去に咲いた世界

癒えない 見えない傷ほど

きっと瘡蓋だって出来やしないと

ボクは知っていた

悔やむと書いてミライ

生きるふりをして死んでいくのが

人生か 人生だ

そんじゃボクらはどうしてこの世に

こんな未完成な身体に

未だ 心を持っているんだ

きっと拉げた知雨霧で

花を咲かせようとした そうさ

種一つない土に撒いちゃいないか

だから一抜けした 捨てた

この世の流行り病のような愛も

爪の先よりも細い

底浅い友の情愛も

知らない 知りたいこともない

どうせ言葉以上の意味などないと

ボクは知っていた

悔やむと書いてミライ

片道分の蝋を持って

消さないように必死になって

わずか照らした一寸先の

穴ぼこは誰が落ちた跡?

それが人生です ボクら手にした人生なんです

生まれたこと自体が

間違いだったの?

死にたい 消えたい以上ない

こんな命に期待はしないさ

故に夢に魘され

塞いだ過去に咲いた世界

癒えない 見えない傷ほど

きっと瘡蓋だって出来やしないと

ボクは知っていた

悔やむと書いて ミライ

消えたいの 消えたいの

何回だって言い聞かせた

夢も見れぬような 後悔を頂戴

まふまふと 悔やむと書いてミライと歌詞について

以上が まふまふ悔やむと書いてミライの歌詞です。

  • まふまふの楽曲一覧はこちらから
  • 悔やむと書いてミライ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

まふまふ 悔やむと書いてミライの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。