コブクロ 『卒業』 歌詞

コブクロ 卒業 の歌詞を提供しています。『卒業』とはコブクロ さんが 2020/03/18 に発売された楽曲です。

卒業歌詞

曲名:卒業

発売日:2020/03/18

歌手:コブクロ

作詞:小渕健太郎・黒田俊介

作曲:小渕健太郎・黒田俊介

あの日から どれだけの時を ここで重ねて来ただろう

着慣れない服を着て 並んでいた 広いこの教室

3月の川沿いを結ぶ 白いアーチ濡らす天気雨

あの日より少し寒いような 旅立ちの朝 賑やかな黒板

迷い立ち止まる時は あなたがくれた言葉を握りしめて

今 消えてゆく この風景を

いつまでも思い出せるように 焼き付けようとしても

瞬きする度に こぼれてしまう

喧嘩の理由が君の優しさだったと 気付けなかった

あの日の涙

分厚いアルバムだけ抱え この部屋を出て行くよ

何一つ置いて行かないのに 何度も取りに帰るものがある

少し先を疾る風のような 君の背中に追いつけないまま

今 消えてゆく この風景を

いつまでも思い出せるように 焼き付けようとしても

瞬きする度に こぼれてしまう

喧嘩の理由が君の優しさだったと 気付けなかった

あの日の涙

いつも隣で ふざけてた君が

俯きながら肩を揺らし「また会おうね」と呟く

卒業が別れじゃない事を知るのは

今よりもっと大人になれた時 その日まで それぞれの道を

歩いて つまずいて 振り返り (振り返り)

きっと きっと (きっと) また会える その日まで

コブクロと 卒業と歌詞について

以上が コブクロ卒業の歌詞です。

  • コブクロの楽曲一覧はこちらから
  • 卒業関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

コブクロ 卒業の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。