KANA-BOON 『マーブル』 歌詞

KANA-BOON マーブル の歌詞を提供しています。『マーブル』とはKANA-BOON さんが 2020/3/4 に発売された楽曲です。

マーブル歌詞

曲名:マーブル

発売日:2020/3/4

歌手:KANA-BOON

作詞:谷口鮪

作曲:谷口鮪

住み慣れた街を出るような

着慣れない服で歩くような

寂しさと胸の高鳴りがマーブル模様

交じっている

正しさだけを選べたら

後悔のない人生でしょう

君が透明になった夜は

月が欠けていたな

思い出 走馬灯のように駆け巡る

時計の針が壊れたように回る

ねぇ 春になったら

哀しさなど 桜の花びらに乗せて

もう 戻らないけど 戻れないけど

また 笑っていてほしいんだ

冷えた心を温める

少しぐらい浸っててもいいけど

そのうち過去はぬるくなる

風邪を引かないでね

きっと季節が巡るたび

歳をとって皺が増えていくたび

朧げになるのだから

痛みを感じる現在を抱いて

ねぇ 春になったら

慌ただしく流れる日々に乗ってゆこう

ねぇ いつか僕ら忘れてしまうけど

それは正しいことなんだろう

ねぇ 時が経ったら振り返ってさ

あんなこともあったねなんて

笑い合ってみたいね

なぁ それまで頑張ってみるから

ねぇ 春になったら

君も知らない僕がここに立っているけど

今日明日明後日も10年後だって

僕は僕のままでいるよ

KANA-BOONと マーブルと歌詞について

以上が KANA-BOONマーブルの歌詞です。

  • KANA-BOONの楽曲一覧はこちらから
  • マーブル関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

KANA-BOON マーブルの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。