KANA-BOON 『スターマーカー』 歌詞

KANA-BOON スターマーカー の歌詞を提供しています。『スターマーカー』とはKANA-BOON さんが 2020/3/4 に発売された楽曲です。

スターマーカー歌詞

曲名:スターマーカー

発売日:2020/3/4

歌手:KANA-BOON

作詞:谷口鮪

作曲:谷口鮪

当たり前が照らす眩しさに

瞼を閉じた君のこと

誰の目にも触れない影に

ひと粒の光をそこに

迷い戸惑い 夢の瞬きに

流れ星が頬を伝っても

拭い去ってくれるくらいの

ひと鳴りの音色を君に

変えられない過去に色を塗っていく

きっと未来七色 片手にパレット

笑ってみせてよ

たったひとつだけ

願ってるんだ いつだって

最低な夜を抜けて

点と点線で繋ぐ

それぞれの星に灯るライト オールライト

どれくらい暗い深い真夜中に潜れば君に出会えるか

同じ分だけの寂しがり 強がりの迷路の中で

右左間違い また戻って進め

きっと曲がり角で 坂登った先で 見つけてみせるよ

たったひとつでも

構わないさいつだって

最低な夜を抜けて

目と目 耳と声 繋ぐダンスフロアで

踊ろう さぁ夜が明けるまで

醒めない夢の途中で君が手挙げたなら

ずっとその手掴んで離しはしないぜ

笑ってみせてよ

たったひとつだけ

願ってるんだいつだって

最低な夜を抜けて

見違い 勘違い 間違いじゃなくって

心から笑えるように

たった一度だけ 一瞬のきらめきだけ

そんなやわな祈りじゃない

段違いに信じたい 飛び越えてもう一回

狭んでく君の視界を 僕らの世界を広く

KANA-BOONと スターマーカーと歌詞について

以上が KANA-BOONスターマーカーの歌詞です。

  • KANA-BOONの楽曲一覧はこちらから
  • スターマーカー関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

KANA-BOON スターマーカーの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。