ヨルシカ 『夜行』 歌詞

ヨルシカ 夜行 の歌詞を提供しています。『夜行』とはヨルシカ が 2020/3/4 に発売された楽曲です。

夜行歌詞

曲名:夜行

発売日:2020/3/4

歌手:suis

作詞:n-buna

作曲:n-buna

ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるんだろうね

列車にでも乗って行くかい。僕は何処でもいいかな

君はまだわからないだろうけど、空も言葉で出来てるんだ

そうか、隣町なら着いて行くよ

はらはら、はらはら、はらり

晴るる原 君が詠む歌や 一輪草

他には何にもいらないから

波立つ夏原、涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕

夏が終わって往くんだね

そうなんだね

ねぇ、いつか大人になったら、僕らどう成るんだろうね

何かしたいことはあるのかい。僕はそれが見たいかな

君は忘れてしまうだろうけど思い出だけが本当なんだ

そうか、道の先なら着いて行くよ

さらさら、さらさら

さらさら、さらさら

花風、揺られや一輪草

言葉は何にもいらないから

君立つ夏原、髪は靡くまま、泣くや雨催い夕、夕、夕

夏が終わって往くんだね

そうなんだね

そうか、大人になったんだね

はらはら、はらはら、はらり

晴るる原 君が詠む歌や 一輪草

他には何にもいらないから

波立つ夏原、涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕

夏が終わって往くんだね

僕はここに残るんだね

ずっと向こうへ往くんだね

そうなんだね

ヨルシカと 夜行と歌詞について

以上が ヨルシカ夜行の歌詞です。

  • ヨルシカの楽曲一覧はこちらから
  • 夜行関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ヨルシカ 夜行の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。