Eve 『LEO』 歌詞

Eve LEO の歌詞を提供しています。『LEO』とはEve さんが 2020/2/12 に発売された楽曲です。

LEO歌詞

曲名:LEO

発売日:2020/2/12

歌手:Eve

作詞:Eve

作曲:Eve

水面に映る 知らない顔が1つ

何処からきたの 何をしていたの

瞬きするたびに 世界は変わり果てて

終末の狭間で 踊っていたいのさ

孤独を飼いならした今日も

怠惰な人生に期待を

優しさを持ち寄り誓いを

祈るその姿を称えよ

あなたを想い 裏切られるのも

振りかかるその歪な愛憎

大丈夫 そっとおどけて吐いた

愛を満たしておくれよ

まだ死んでなんかいないさ

心ごと吠えてくれよ

LEO

生まれよう 応答してくれよ

しがらみも今捨てていけ

がらんどうなこのままで

立ち向かう化身 その姿を借りて

柔らかな手に やまぶきの瞳

しなだれかかる声 雌伏の時を経て

見澄ますこの目さえ 覆ってしまえたら

疚しさを引きずる力も

水紋を眺める視界も

見返りを求めてる愛も

掻きむしった その跡でさえも

しどろもどろ歩き回れども

誰も気付いてくれやしないの

帰る場所さえ 何処かにあったら

愛を満たしておくれよ

まだ死んでなんかいないさ

心ごと吠えてくれよ

LEO

生まれよう 応答してくれよ

しがらみも今捨てていけ

がらんどうなこのままで

愛を満たしておくれよ

生まれよう 応答してくれよ

愛を満たしておくれよ

君はまだ覚えてるかい

お別れをさせて

LEO

唸れよ 応答してくれよ

たまたまそちら側に居て

何も知らないだけ

Eveと LEOと歌詞について

以上が EveLEOの歌詞です。

お願い

Eve LEOの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。