マカロニえんぴつ 『恋人ごっこ』 歌詞

マカロニえんぴつ 恋人ごっこ の歌詞を提供しています。『恋人ごっこ』とはマカロニえんぴつ さんが 2020/2/7 に発売された楽曲です。

恋人ごっこ歌詞

曲名:恋人ごっこ

発売日:2020/2/7

歌手:マカロニえんぴつ

作詞:

作曲:

ねえもう一度だけを何回もやろう そういう運命をしよう

愛を伝えそびれた でも確かに恋をしていた 恋をしていた

缶コーヒーで乾杯 シーツは湿って どうにもならない2人が

言う通りにするから 恋人ごっこでいいから 今だけ笑っていてほしい

余計な荷物に気づくのは 歩き疲れた坂道だ

忘れていいのはいつからで 忘れたいのはいつまでだ

ねえもう一度だけを何回もやろう そういう運命でいよう

愛を伝えそびれた でも確かな恋をしていた 恋をしていた

無駄な話に頼るのが 隠し疲れた罪を運ぶため

忘れていいのは君なのに 忘れたいのは僕だけか

ねえもう一度だけも無しにしよう そういう運命をとろう

愛を伝え損ねた またこんな恋をしてみたい 恋をしてみたい

裸や なで肩や キスや 乾かない髪 もう一度あなたと居られるのなら

きっと もっと もっと ちゃんと ちゃんと愛を伝える

もう二度とあなたを無くせないから言葉を捨てる 少しずつ諦める

あまりに脆い今日を抱きしめて手放す

ただいまさようなら ただいまさようなら

マカロニえんぴつと 恋人ごっこと歌詞について

以上が マカロニえんぴつ恋人ごっこの歌詞です。

  • マカロニえんぴつの楽曲一覧はこちらから
  • 恋人ごっこ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

マカロニえんぴつ 恋人ごっこの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。