リーガルリリー 『ハンシー』 歌詞

リーガルリリー ハンシー の歌詞を提供しています。『ハンシー』とはリーガルリリー さんが 2020/2/5 に発売された楽曲です。

ハンシー歌詞

曲名:ハンシー

発売日:2020/2/5

歌手:リーガルリリー

作詞:たかはしほのか

作曲:たかはしほのか

もしかしたら これが最後の歌かもしれなくて

もしかしたら これが最後のギターかもしれなくて

無意識にやってくる幸せを聞き取って

無意識に感じる絵を集めた

数え切れないほど あなたはいっぱい持って溢れそうだよ

天才のふりした 私はずっと笑ってここに佇む

君の影を踏んだ

もしかしたら これが最後の恋かもしれなくて

最後の声かもしれなくて

最後に気付いてしまうかもしれない

無意識にやってくる幸せはいつだって

無意識に必死にただ守った

こうして僕たちは 最も神聖な嘘をつくのでしょう

天才のふりした 私はずっと笑ってここに佇む

君の肌に触れる

何にももう間違ってない 一晩でできた考えは

朝の絵にきっとなるさ ほら 窓辺に咲く私の気温

影の記憶。

影の意識。

影の呼吸。

影の命。

リーガルリリーと ハンシーと歌詞について

以上が リーガルリリーハンシーの歌詞です。

  • リーガルリリーの楽曲一覧はこちらから
  • ハンシー関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

リーガルリリー ハンシーの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。