ROTTENGRAFFTY 『相殺微量サイレンス』 歌詞

ROTTENGRAFFTY 相殺微量サイレンス の歌詞を提供しています。『相殺微量サイレンス』とはROTTENGRAFFTY さんが 2019/12/18 に発売された楽曲です。

相殺微量サイレンス歌詞

曲名:相殺微量サイレンス

発売日:2019/12/18

歌手:ROTTENGRAFFTY

作詞:KAZUOMI

作曲:KAZUOMI

雲が遠く流れている

鳥が遠く飛び去ってく

空は青かった

ただ青かった

道端に

歩き疲れた猫

息を吸っても吐いても

時は止まらずに

涙、溢れてた

Without saying goodbye

季節外れの夕立に

1人歩いていた

Walk in a daze

流れ損ねた君の跡

まだ抜け出せないまま

この頭ん中のサイレンを

相殺する微量サイレンス

I know このモノクロ視界の世界で

消えゆく心と、少し優しい言葉と

今を拾い集めて歩いてたい

I can't say goodbye

あの日に見た流星に

願う想いだけが

Walk in a daze

しがみついた君の跡

嗚呼、消えてゆく

そう頭の中のサイレンを

相殺しろ微量サイレンス

右脳左脳モノクロ視界の世界を

消えゆく心と、少し優しい言葉と

明日を探し求めて生きていきたい

Without saying goodbye

I still loving you

そうさこんな僕等は

今を拾い集めて歩いてゆく

ROTTENGRAFFTYと 相殺微量サイレンスと歌詞について

以上が ROTTENGRAFFTY相殺微量サイレンスの歌詞です。

  • ROTTENGRAFFTYの楽曲一覧はこちらから
  • 相殺微量サイレンス関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ROTTENGRAFFTY 相殺微量サイレンスの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。