赤い公園 『絶対零度』 歌詞

赤い公園 絶対零度 の歌詞を提供しています。『絶対零度』とは赤い公園 さんが 2020/1/29 に発売された楽曲です。

絶対零度歌詞

曲名:絶対零度

発売日:2020/1/29

歌手:赤い公園

作詞:津野米咲

作曲:津野米咲

アラバの海の真ん中

泳いでみせてきやしゃんせ

天と地を裏返してやれ

ガラス細工の鉢ん中

見世物小屋の家主が

光を曲げて縮んだ

息を吸って吐くことが奇跡なんだと知っても

淡い泡ひとつ潰したい

燃えるような赤い魚

体感温度疑って決めつける前に問えばいい

ときめきが導いてくれるから

絶対零度の未来に持ち物リストは無いのさ

ときめきが胸の奥にあるなら

ガラス細工の鉢ん中

優しい優しい主人に

労られ終える命か

あたり前の毎日が贅沢だと学んでも

淡い泡ひとつ潰してまで

燃やし尽くして魚の赤

塩分濃度振り切って渇いた喉で歌えばいい

思えばいい たとえ届かなくとも

絶対零度の未来に永久保証は無いのさ

くたばった甲斐があればいいから

体感温度疑って決めつける前に問えばいい

ときめきが導いてくれるから

絶対零度の未来に持ち物リストは無いのさ

ときめきが胸の奥にあるなら

アラバの海の真ん中

泳いでみせてきやしゃんせ

天と地を裏返してやれ

赤い公園と 絶対零度と歌詞について

以上が 赤い公園絶対零度の歌詞です。

  • 赤い公園の楽曲一覧はこちらから
  • 絶対零度関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

赤い公園 絶対零度の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。