SHISHAMO 『曇り夜空は雨の予報』 歌詞

SHISHAMO 曇り夜空は雨の予報 の歌詞を提供しています。『曇り夜空は雨の予報』とはSHISHAMO さんが 2020/1/29 に発売された楽曲です。

曇り夜空は雨の予報歌詞

曲名:曇り夜空は雨の予報

発売日:2020/1/29

歌手:SHISHAMO

作詞:宮崎朝子

作曲:小林武史

君は星の見えない曇り夜空見上げて

君の能天気なところ

時々本気で腹立たしく思うよ

平気で一生とか言えるところも

平気で絶対とか言えるところも

いつも未来の話ばっかするから

つい、私も

何だか本当にずっと一緒に居られるんじゃないかって

君は星の見えない曇り夜空見上げて

明日は雨が降るのかな、なんて

私は明日なんてどうだってよかったから

ただ繋いだ手と手見つめてた

これだけがただ、真実だと思うから

何度も何度も抱きしめるのは

もういっそひとつになってしまいたいから

何度も何度も抱きしめるのは

離れてもぬくもり覚えていたいから

二人写った写真が欲しいと

素直に君に言えないのは

私、君に幼い女だと思われたくないから

今夜は眠れないよ

君は星の見えない曇り夜空見上げて

明日は雨が降るのかな、なんて

私は明日なんてどうだってよかったから

ただ繋いだ手と手見つめてた

君に恋をした

あの瞬間 きっと本当の私見つけたの

これだけがただ、真実なの

分かるでしょう?

SHISHAMOと 曇り夜空は雨の予報と歌詞について

以上が SHISHAMO曇り夜空は雨の予報の歌詞です。

  • SHISHAMOの楽曲一覧はこちらから
  • 曇り夜空は雨の予報関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

SHISHAMO 曇り夜空は雨の予報の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。