Eve 『バウムクーヘンエンド』 歌詞

Eve バウムクーヘンエンド の歌詞を提供しています。『バウムクーヘンエンド』とはEve さんが 2019/8/30 に発売された楽曲です。

バウムクーヘンエンド歌詞

曲名:バウムクーヘンエンド

発売日:2019/8/30

歌手:Eve

作詞:Eve

作曲:Eve

空回りばっかでさ これが僕なんだってば

愛想尽かれて 離れ離れの手

優柔不断だってさ 喉まできてんだってば

“かいしんのいちげき” がないようじゃ

まあ 期待したって 答えはみえてました

このどうしようもないくらいのプライドに

おいていかれてしまいそうな僕は

何も残らない 残りはしない びびってんじゃないか

上手くなっていく 愛想笑いなんです

僕なんて どうせ君の前じゃきっと

声に出したって僕は 声に出したって僕は

誰の耳にも届かぬくらいなら

心にしまって 大事にするから

思い出したんだ僕は 思い出したんだ僕は

ここで初めて泣いてる君を見た

嘘でもいいから その言葉で救って

日常に苛立っては ぶち壊したいんだってば

感情揺すぶられるこの刹那

痛みを知らないまま ここまで来たんだってば

簡単に息ができなくなる

ああそんなもんか まだ何も伝えてないんだ

このどうしようもないくらいの眩暈に襲われて夜も

越せないと僕ら 後悔などないと思うんだ

ほらまた 愛想笑いなんです

僕なんて どうせ君の前じゃきっと

想いを伝えたくて僕は 想いを伝えたくて僕は

過去を変える事などできないけど

明日に期待したいからまだ 終わらないで 大事にするから

声に出したって僕は 声に出したって僕は

誰の耳にも届かぬくらいなら

心にしまって 大事にするから

思い出したんだ僕は 思い出したんだ僕は

ここで初めて泣いてる君を見た

“キミのその一歩が 彩る世界に”

嘘でもいいから その言葉で救って

Eveと バウムクーヘンエンドと歌詞について

以上が Eveバウムクーヘンエンドの歌詞です。

  • Eveの楽曲一覧はこちらから
  • バウムクーヘンエンド関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Eve バウムクーヘンエンドの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。