ねごと Ribbon 歌詞

ねごと Ribbonの歌詞を提供しています。 『Ribbon』とはねごとさんが2017/02/01に発売された楽曲です。

Ribbon 歌詞

曲名:Ribbon

発売日:2018/3/4

歌手:ねごと

作詞:ねごと

作曲:ねごと

また明日と手を振る君の影模様
ひとりになった僕は青いまま あてもなく歩く
行きがかり誰かが傷ついていたって
知らない顔で通り過ぎるだろう

ついさっきも隣で笑っていたのに
どうして不安になるんだろう

僕らはだんだん 夜の森へと
迷い込む寂しい蝶になって
リボン結びで縛られた心なんて他愛もなく
解けてらんらん 月明かりの下
咲いていた花に口づけるように
優しさを求めて彷徨うだけ

大切な誰かを想った気持ちが残るとすれば
どこに残るだろう?
指先も頭も冷たいままで
付かず離れず僕らはいつまで生きていくの

隣で泣いていたのに どうして幸せになる

僕らはだんだん 人の波へと
迷いなく溶け込む蝶になって
リボン結びで縛られた心なんて自分の手で
解いてらんらん 嵐のあとに
咲いていた花を抱きしめるように
優しさを感じて強く生きて

ねごととRibbonと歌詞について

以上がねごと Ribbonの歌詞です。

  • ねごとの楽曲一覧はこちらから
  • Ribbon関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ねごと Ribbonの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。