真璃子 鏡の中の太陽 歌詞

真璃子 鏡の中の太陽の歌詞を提供しています。 『鏡の中の太陽』とは真璃子さんが1990/11/21に発売された楽曲です。

鏡の中の太陽 歌詞

曲名:鏡の中の太陽

発売日:2018/3/4

歌手:真璃子

作詞:真璃子

作曲:真璃子

乾いた風吹く 白壁の町
南へ 南へ 人は流れて
賑わう ノミの市の広場で
太陽を映した鏡を見たわ

傷つく心は 割れた鏡ね
破片(かけら)になっても 夢がきらめく
情熱は 形のない太陽
感情が 眩しさ曇らせただけ
光 あつめ 輝きたい

Salida 旅人をかりたててく Madrid
Wow wow
夢を眠らせたくない ずっと

明日を占い ふさぎこむより
安ワイン片手に 騒ぐ人々
闘牛中もフラメンコのリズムも
本当の渇きが生み出したもの

心が求める 奇跡 信じて
哀しみ受け入れ 磨かれるのよ
雑踏の陽気な呼び声さえ
瞬間にのみこんでく 渦の中
踊るように すりぬけてく

Salida 旅人をかりたててく Madrid
Wow wow
夢を眠らせたくない ずっと

Gracias 旅人をかりたててく Madrid
Wow wow
夢を眠らせたくない ずっと

真璃子と鏡の中の太陽と歌詞について

以上が真璃子 鏡の中の太陽の歌詞です。

  • 真璃子の楽曲一覧はこちらから
  • 鏡の中の太陽関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

真璃子 鏡の中の太陽の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。