164 サイコロジック 歌詞

164 サイコロジックの歌詞を提供しています。 『サイコロジック』とは164さんが2017/01/18に発売された楽曲です。

サイコロジック 歌詞

曲名:サイコロジック

発売日:2018/3/4

歌手:164

作詞:164

作曲:164

ここで僕が歌わないとして
誰もここで見ていないとして
それで何を変えられるんだって言うんだろう
観客は満足で帰って
僕は美味い酒を酌み交わして
あーだこーだと要らぬ持論を語るけど

きっとこうしてる間に
漫画も読めるし
あのゲームだって進むし
ぐっすり寝れるんだ

僕は誰かの賽に 明日を委ねているんだ
今日もいつの間にか “一歩進む”んだ

ここが僕達のスタートだって
毎度自分に言い聞かせたって
意味ありげな無意味を並べんだって気付いてんだ
また重いレスポール引きずって
人ごみの中電車に乗って
知らない人達に囲まれて
今日が終わった

きっと知らない間に終わった今日は
積もり積もればまた意味があるのさ

なんて
そんな綺麗事をしっかり握っているんだ
どうせこの手は解けない
それが僕さ

枯れた声なんかじゃもう 何も伝えられないさ
僕は何故こんな所で泣いてんだ

ここで僕が歌わないとして
誰もここで見ていないとして
それで何を変えられるんだって言うんだろう
それは僕にもわからないけど
こんなに声も枯れているけど
たまにゃ僕の掌から賽を投げてみるよ

164とサイコロジックと歌詞について

以上が164 サイコロジックの歌詞です。

  • 164の楽曲一覧はこちらから
  • サイコロジック関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

164 サイコロジックの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。