164 毒愛 歌詞

164 毒愛の歌詞を提供しています。 『毒愛』とは164さんが2017/01/18に発売された楽曲です。

毒愛 歌詞

曲名:毒愛

発売日:2018/3/4

歌手:164

作詞:164

作曲:164

こすれ合ったこの手と手が
まるで僕を馬鹿にした
誰かの目が突き刺さった
「ばくはつしろ」と願ってさ

気持ちいいなこんな優越感
まるで劇薬のように
一時だけ僕に夢を
聞かせてくれるのならば

願い事は4つでも5つでもいいから

僕以外の誰かを触らないでよ
好きなモノはなんでも与えてあげる
僕以外の誰かを見つめないでよ
歓びに満ちた瞳を抉ってあげる

振り払った細い腕が
脆く壊れちゃいそうで
間違ってた君に愛を
注いでしまった事が

ほんの一瞬の瞬きさえ
惜しいと思うのならば
たった一度僕に愛を
今注いで欲しいから

わかってるさ
もう僕なんか見たくないことなど

どうして僕は救われないのでしょうか
どうして僕は捨てられるのでしょうか

僕以外の誰かを触らないでよ
好きなモノはなんでも与えてあげる
僕以外の誰かを見つめないでよ
歓びに満ちた瞳を抉ってあげる

164と毒愛と歌詞について

以上が164 毒愛の歌詞です。

お願い

164 毒愛の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。