宇崎竜童&R.Uコネクションwith井上尭之 LIKE A DOG 歌詞

宇崎竜童&R.Uコネクションwith井上尭之 LIKE A DOGの歌詞を提供しています。 『LIKE A DOG』とは宇崎竜童&R.Uコネクションwith井上尭之さんが1995/05/17に発売された楽曲です。

LIKE A DOG 歌詞

曲がりくねった狭い首都高は 真夜中も渋滞さ
ビルの明かりとネオンだけが やたらと粘つく東京
眠ってるのか死んじまったのか 判らないような奴等が
うろつき回ってる

誰かと誰かがしのぎを削りゃ あいつが私腹を肥やす
新聞を毎朝読むたびに 腸が煮えくり返る
24時間働き続けて オレは何を残すのか
心が凍てつくぜ

何もかも嫌気がさして 逃げ出せばオレの負けさ
けれど誰を相手に戦えば 馬鹿気た夜は終わる
堅気のはずの奴等まで 拳銃を振りかざす
俺は撃たないでくれ

I'm working like a dog I'm working like a dog
I'm working like a dog 飼い慣らされた犬のようさ
I'm working like a dog I'm working like a dog
I'm working like a dog あんたもかい?

TAXIでもないのにYELLOW CAB 大和撫子の鑑
CONDOMさえバッグに入れてりゃ 何も怖いものなしか
愛とSEXがPACKIN' 奴等の頭の中身
何もかも売りさばく

TVじゃ学者と文化人達が 朝まで討論してる
直撃レポーターは東へ西へ 今日も余計なお世話
誰もが予言者で批評家で 誰もが裁く人さ
脳ミソがむしばまれてゆく

不法滞在の男達はPASSPORTを隠し
小娘たちはブルセラに走り 物欲だけを充たす
この国はそんなに豊かなのか それとも貧しいのか
頭がよじれるぜ

誰が真っ当て何が正義か みんな狂っているのか
跪き手を合わせ祈れば 救われるのか
一年365日 働き続けた事を
悔やめというのか

I'm working like a dog I'm working like a dog
I'm working like a dog 牙を抜かれた犬のようさ
I'm working like a dog I'm working like a dog
I'm working like a dog あんたもかい?

I'm working like a dog I'm working like a dog
I'm working like a dog 玉を抜かれた犬のようさ
I'm working like a dog I'm working like a dog
I'm working like a dog あんたもかい?

宇崎竜童&R.Uコネクションwith井上尭之とLIKE A DOGと歌詞について

以上が宇崎竜童&R.Uコネクションwith井上尭之 LIKE A DOGの歌詞です。

  • 宇崎竜童&R.Uコネクションwith井上尭之の楽曲一覧はこちらから
  • LIKE A DOG関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

宇崎竜童&R.Uコネクションwith井上尭之 LIKE A DOGの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。