鬼束ちひろ Sweet Hi-Five 歌詞

鬼束ちひろ Sweet Hi-Fiveの歌詞を提供しています。 『Sweet Hi-Five』とは鬼束ちひろさんが2017/02/01に発売された楽曲です。

Sweet Hi-Five 歌詞

曲名:Sweet Hi-Five

発売日:2018/3/4

歌手:鬼束ちひろ

作詞:鬼束ちひろ

作曲:鬼束ちひろ

誰かの夢を奪う波
満ちては引いたその波に心捕われ
在るだけの熱を冷ますように
一度きりの旅の途中で貴方に会う

鼓動を掻きむしる砂埃
汚れた肉体(からだ)が捻れるほどに交差する

喜びにも触れずにどこへ行こう
悲しみにも目覚められないままで
私を運んだ優しい日々の中
Sweet Hi-Five
涙も零れずに

気付けば空は明けに染まる
傷口をかばうようにきっと生きていた
不思議なことがいくつあるなんて
知らないままに路地の彼方で貴方に会う

爪を噛む答えは理解らないけど
ドレスが映えた今私の手を取って

言葉より先に走り出すもの
切なさから上手く踊り出せずに
私を繋いだ優しい風の中
Sweet Hi-Five
いつだってもどかしい

行き場を照らす愛なんて何処に
汚れた肉体が捻れるほどに交差する

喜びにも触れずにどこへ行こう
悲しみにも目覚められないままで
私を運んだ優しい日々の中
Sweet Hi-Five
涙も零れずに

Sweet Hi-Five
涙も零れずに

鬼束ちひろとSweet Hi-Fiveと歌詞について

以上が鬼束ちひろ Sweet Hi-Fiveの歌詞です。

  • 鬼束ちひろの楽曲一覧はこちらから
  • Sweet Hi-Five関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鬼束ちひろ Sweet Hi-Fiveの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。