164 オセロ 歌詞

164 オセロの歌詞を提供しています。 『オセロ』とは164さんが2017/01/18に発売された楽曲です。

オセロ 歌詞

曲名:オセロ

発売日:2018/3/4

歌手:164

作詞:164

作曲:164

剥がした皮一枚の価値さえ知らないで
行商人の言葉を鵜呑みにして幸せなんでしょうか

不完全な倫理観を持って匿名で呟いた
裏側(うらっかわ)をよく知ってるフリして想像膨らんだ

ほら元通り君の言う通り 皆(みんな)が皆知ってるんだ疾(と)うに
飾られた幼稚な不祥事 涙無くして語れない様に

君の汚い腹ん中をひっくり返してあげましょう
多少は大目に見てくれるだろう
何もなかった様に叫ぶハロー
苛立つ声が耳に響いて
未だに何もかも見下してるような笑顔
もう金輪際見たくないんだバイバイ

また曖昧な台詞(せりふ)を残して胸を張っていれば
いつの間にか許してくれると高をくくってればいいさ

さあさ寄ってらっしゃい見てらっしゃい
その下らん言い訳ほらしょっぱい
我こそは気高い監視部隊
居場所失くしたってやむを得ない

流れる時間の速さは感じないけど
それは苦しんで産んだもの
興味ないなら聞かなきゃいいだろ
表裏一体の聖職者

君の汚い腹ん中をひっくり返してあげましょう
多少は大目に見てくれるだろう
何もなかった様に叫ぶハロー
苛立つ声が耳に響いて
未だに何もかも見下してるような笑顔
もう金輪際見たくないんだバイバイ

164とオセロと歌詞について

以上が164 オセロの歌詞です。

  • 164の楽曲一覧はこちらから
  • オセロ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

164 オセロの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。