鬼束ちひろ 悲しみの気球 歌詞

鬼束ちひろ 悲しみの気球の歌詞を提供しています。 『悲しみの気球』とは鬼束ちひろさんが2017/02/01に発売された楽曲です。

悲しみの気球 歌詞

曲名:悲しみの気球

発売日:2018/3/4

歌手:鬼束ちひろ

作詞:鬼束ちひろ

作曲:鬼束ちひろ

指先で確かめられないならば
貴方は何も信じない
救ってくれるものさえも
ねえ どうか少しだけ
傷口を見せて

そんな薄い翼で
何処に飛んでゆけるというの
堕ちる時には
悲しみの気球になる
私の小さな翳りを見つけて

道端に心を捨ててゆくような
張り詰めたままの空はまだ
明けないのを知っているから
ただ どうか少しだけ
肩を近づけて

そんな寂しい瞳で
何を見つめ続けているの
日々は透明
染まりゆく罪の奥
その奥を静かな無闇で探して

貴方に歌えない歌が
余波を待てない歌ならば
私に託して
立てなくなった孤独さえも

そんな薄い翼で
何処に飛んでゆけるというの
堕ちる時には
悲しみの気球になる
私の小さな翳りを見つけて

堕ちる時には
悲しみの気球になる
私の小さな翳りを

翳りを見つけて

鬼束ちひろと悲しみの気球と歌詞について

以上が鬼束ちひろ 悲しみの気球の歌詞です。

  • 鬼束ちひろの楽曲一覧はこちらから
  • 悲しみの気球関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鬼束ちひろ 悲しみの気球の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。