鬼束ちひろ 火の鳥 歌詞

鬼束ちひろ 火の鳥の歌詞を提供しています。 『火の鳥』とは鬼束ちひろさんが2017/02/01に発売された楽曲です。

火の鳥 歌詞

曲名:火の鳥

発売日:2018/3/4

歌手:鬼束ちひろ

作詞:鬼束ちひろ

作曲:鬼束ちひろ

儚い夢に埋もれて気づく
終わらない旅をしてるのだと
そして季節は巡る

切ない恋の魔法の中じゃ
今は叶わぬ願いでも振り切ってゆく
そしていつかの温もりに寄り添うのだろう

億千の夜を越えて
貴方の翼(はね)になり その背を押してゆく
生きる意味など他には何も
要らないから
哀しい微熱よ 貴方に届け
素直になれない
涙が溢れる 貴方に届け

壊れたはずの心がうずく
形あるものを探すことじゃ
何も変わりはしない

扉をあけて声を聴かせて
求めて消える願いでも寂しさだけが
積もるほどに鼓動は近づいてゆく

金色の夜を越えて
貴方の瞬間(とき)になり ただ輝いてゆく
こんな想いは 他へは何処にも
やれないから
哀しい微熱よ 貴方に届け
素直になれない
涙が溢れる 貴方に響け

誰のようにもなれない不安を覚えて
私のことを信じる私を感じてる

億千の夜を越えて
貴方の翼になり その背を押してゆく
生きる意味など他には何も
要らないから
哀しい微熱よ 貴方に届け
素直になれない
涙が溢れる 貴方に届け

鬼束ちひろと火の鳥と歌詞について

以上が鬼束ちひろ 火の鳥の歌詞です。

  • 鬼束ちひろの楽曲一覧はこちらから
  • 火の鳥関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鬼束ちひろ 火の鳥の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。