冨永裕輔 夏祭り 歌詞

冨永裕輔 夏祭りの歌詞を提供しています。 『夏祭り』とは冨永裕輔さんが2016/02/25に発売された楽曲です。

夏祭り 歌詞

曲名:夏祭り

発売日:2018/3/4

歌手:冨永裕輔

作詞:冨永裕輔

作曲:冨永裕輔

夏祭り 浴衣姿のきみと
手をつなぎ 夜店を歩く
風車ゆれて 金魚すくい
あどけない少女の笑顔

この町できみは ぼくを愛してくれるかい?
いつまでも つないだ手を離さずにいて いいかい?

浅き夢見ていた 幼き恋
探していた 面影のきみ
ざわめきを やがて残したまま
同じ夜に きみと帰ろうか

この町で夏が過ぎても 暮らしてくれるかい?
いつの日か 小さな手を抱きしめる 嗚呼… その日も

夏祭り 鼓動重ねていま 見上げる夜空には夢花火
肩を寄せ合うふたりを照らす

愛してくれるかい?
いつまでも つないだ手を離さずにいて いいかい?

冨永裕輔と夏祭りと歌詞について

以上が冨永裕輔 夏祭りの歌詞です。

  • 冨永裕輔の楽曲一覧はこちらから
  • 夏祭り関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

冨永裕輔 夏祭りの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。