164 カランと鳴く 歌詞

164 カランと鳴くの歌詞を提供しています。 『カランと鳴く』とは164さんが2017/01/18に発売された楽曲です。

カランと鳴く 歌詞

曲名:カランと鳴く

発売日:2018/3/4

歌手:164

作詞:164

作曲:164

そっと息を吸い込んだ意味もなく
誰もいない部屋をウロウロしては
ただ君が居た跡を探していた
もっと話したい事が色々あるんだ
またヘアピンがひとつベッドの隅に落ちていた

消えない記憶を数えて眠るよ

流れない涙の理由を教えて
もうあんなに溢れていたのに枯れて尽き果てた
まだ明けない夜などもう終わりにしよう
その時まで

ちょうど目が覚めた朝に開いた
スマホに映った笑い顔ふたつ
なぜだかずっと見つめていた

消えない記憶を片隅にしまいこんでは
癒えない傷口をなぞって眠るよ

ここで独り 何を償えば?
何も捨てられないのに?

戻せない時間に思いを重ねて
もうこんなに疲れて一歩も僕は進めない

流れない涙の理由を教えて
もうあんなに溢れていたのに枯れて尽き果てた
笑えない話はもう終わりにしよう
また会う日まで

164とカランと鳴くと歌詞について

以上が164 カランと鳴くの歌詞です。

  • 164の楽曲一覧はこちらから
  • カランと鳴く関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

164 カランと鳴くの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。