164 アウトサイダーの憧憬 歌詞

164 アウトサイダーの憧憬の歌詞を提供しています。 『アウトサイダーの憧憬』とは164さんが2017/01/18に発売された楽曲です。

アウトサイダーの憧憬 歌詞

曲名:アウトサイダーの憧憬

発売日:2018/3/4

歌手:164

作詞:164

作曲:164

虚しく照らした都会の灯りが
僕じゃない誰かの痛みを想った

冷たく透った汚い空気と
期待を隠した見慣れた景色と
悪戯に濁って反射する
僕の顔を写し出す交差点の窓

誰にも解らない小さな世界が
瞼の裏にも焼きついてて
適当な理由で逃げない様に
どうすれば飾らず生きていけるのだろう

一人で迷った街の人を見た
見栄を張っている自分と同じだ

ふと空を見上げた 月が浮かんでた
昔見たものと変わらないな
また僕が未来を憂いそうな時は
何度でも過去を振り返るよ

どうしようもなくて立ちすくむ事も
誰にも知られず泣いた事も
疑いそうな事もあったけれど
確かに僕はここに立ってるよ

誰にも解らない小さな世界が
瞼の裏にも焼きついてて
でも曖昧な方が面白いじゃないか、と
僕は今思うことにするよ

164とアウトサイダーの憧憬と歌詞について

以上が164 アウトサイダーの憧憬の歌詞です。

  • 164の楽曲一覧はこちらから
  • アウトサイダーの憧憬関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

164 アウトサイダーの憧憬の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。