三田明 来た道・寄り道・帰り道 歌詞

三田明 来た道・寄り道・帰り道の歌詞を提供しています。 『来た道・寄り道・帰り道』とは三田明さんが1995/10/27に発売された楽曲です。

来た道・寄り道・帰り道 歌詞

曲名:来た道・寄り道・帰り道

発売日:2018/3/4

歌手:三田明

作詞:三田明

作曲:三田明

降りしきる雨で 坂道は滑る
はねかえる小石が せせらぎに落ちる
送らないと言いつつ 肩を寄せて歩く
少しやせたような 姿が気にかかる
人眼(ひとめ)につくから 抱いてやれないが
まだ帰したくない

降り続く雨が 足元を濡らす
振り向いて見交わす 眼尻(まなじり)が赤い
急がなくていいわと 街の灯り見てる
どこかすねたような 仕草が愛(いと)おしい
寄り道ついでに お茶をすすろうか
まだ帰したくない

降り止まぬ雨が 来た道を隠す
吹きかけた吐息が 耳元にからむ
ここで別れましょうと 冷えた足を止める
何を言えばいいのか 言葉が浮かばない
明日も逢えると 知っているけれど
まだ帰したくない

三田明と来た道・寄り道・帰り道と歌詞について

以上が三田明 来た道・寄り道・帰り道の歌詞です。

  • 三田明の楽曲一覧はこちらから
  • 来た道・寄り道・帰り道関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

三田明 来た道・寄り道・帰り道の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。