164 ノクターンとクラゲ 歌詞

164 ノクターンとクラゲの歌詞を提供しています。 『ノクターンとクラゲ』とは164さんが2017/01/18に発売された楽曲です。

ノクターンとクラゲ 歌詞

曲名:ノクターンとクラゲ

発売日:2018/3/4

歌手:164

作詞:164

作曲:164

白く浮かんだ
私と三日月を
一つ残さず飲み干すのでしょう

小さく揺らいだ
髪だけ知っていた
時間は止まってくれないのでしょう

ここで独り
劣等感と君が笑う顔を

引き裂いてしまおう
失ったとしてもそんな言葉は聞きたくないの
消えゆく体温と過ちも沈めてしまうの

ゆっくり頷く
片足のサンダルを
どこかに失くして迷ってるのでしょう

ここで独り
劣等感と君が笑う顔の向こう
君も独りユラユラ光る
軋む 景色 変わる

引き裂いてしまおう
失ったとしてもそんなものなんか見たくないの
消えゆく体温と過ちも沈めてしまうの

164とノクターンとクラゲと歌詞について

以上が164 ノクターンとクラゲの歌詞です。

  • 164の楽曲一覧はこちらから
  • ノクターンとクラゲ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

164 ノクターンとクラゲの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。