富沢聖子 雨を降らせないで 歌詞

富沢聖子 雨を降らせないでの歌詞を提供しています。 『雨を降らせないで』とは富沢聖子さんが1986/04/21に発売された楽曲です。

雨を降らせないで 歌詞

曲名:雨を降らせないで

発売日:2018/3/4

歌手:富沢聖子

作詞:富沢聖子

作曲:富沢聖子

夏が過ぎた後
西に重い雲
空は海の孔雀の羽根ね
“少し憂鬱さ”と言った
あの人のその背中に
風が聴こえた

長すぎた2人の恋の
気圧配置が変わるわ

雨を降らせないで
私のハートに
雨を降らせないで
波音が 消えるまで

秋が近づいて
誰もいない海
波打ち際 砂がざわめく
“もしも たとえば…”の続き
今はまだ 言わなくても
夜は遠いわ

その瞳集めた言葉
まるで 雨雲みたいね

愛を流さないで
思い出の中に
愛を流さないで
雨やどり できるまで

雨を降らせないで
私のハートに
雨を降らせないで
波音が 消えるまで

富沢聖子と雨を降らせないでと歌詞について

以上が富沢聖子 雨を降らせないでの歌詞です。

  • 富沢聖子の楽曲一覧はこちらから
  • 雨を降らせないで関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

富沢聖子 雨を降らせないでの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。