164 無関心シンドローム 歌詞

164 無関心シンドロームの歌詞を提供しています。 『無関心シンドローム』とは164さんが2017/01/18に発売された楽曲です。

無関心シンドローム 歌詞

曲名:無関心シンドローム

発売日:2018/3/4

歌手:164

作詞:164

作曲:164

医者の薬はよく効くんだと
信じるものを救うと聞いた
悩みを抱える胸の痛みと
エゴに付き合ってくれた君よ
矛盾を知らない憐れなままで
例えばこのまま
気づかないフリした
手を握ってくれるのなら
小さな夢だとしても
掴めばいいさ

一欠片の勇気もない僕を
枯れ萎びてゆくこんな僕を
当たり前のように笑う君を
逃げる事もなく笑う君を
何も知らずに嘆いていたんだ

傷口を見せびらかしてた
可哀想だと言ってもらいたくて
癒えない僕の病を
抱え込んだまま

夕日が落ちてく
今日の終わりを告げるように

例えばこのまま
気づかないフリした
手を握ってくれるのなら
小さな夢だとしても
掴めばいいさ

164と無関心シンドロームと歌詞について

以上が164 無関心シンドロームの歌詞です。

  • 164の楽曲一覧はこちらから
  • 無関心シンドローム関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

164 無関心シンドロームの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。