冨永裕輔 きぼうのわだち 歌詞

冨永裕輔 きぼうのわだちの歌詞を提供しています。 『きぼうのわだち』とは冨永裕輔さんが2012/08/08に発売された楽曲です。

きぼうのわだち 歌詞

曲名:きぼうのわだち

発売日:2018/3/4

歌手:冨永裕輔

作詞:冨永裕輔

作曲:冨永裕輔

この道を走ってゆく 道なき道を進んでゆく
そうさ 僕の足跡が 明日誰かのわだちになる

この道を走ってきた たとえ涙に濡れた道も
走り出せば 虹色の明日に架ける橋になるから

歌声が聴こえる 百年の物語が
果てしない未来へと 希望の道を描いてゆく

声をなくし眠った夜 温もりくれた夢枕で
君の手の大きさは 今でも僕の心を包む

呼んでる声がする まだ僕ら道の途中
果てしない未来へと 希望の道を進んでゆく

今 声を合わせて 一緒に歌おうよ
果てしない未来へと 希望の声を響かせて

ラララ… 希望の声を響かせて
ラララ… 希望の声を響かせて

この道を走ってゆく 道なき道を進んでゆく
そうさ 僕の足跡が 明日誰かのわだちになる

明日誰かのわだちになる

冨永裕輔ときぼうのわだちと歌詞について

以上が冨永裕輔 きぼうのわだちの歌詞です。

  • 冨永裕輔の楽曲一覧はこちらから
  • きぼうのわだち関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

冨永裕輔 きぼうのわだちの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。