鬼束ちひろ 弦葬曲 歌詞

鬼束ちひろ 弦葬曲の歌詞を提供しています。 『弦葬曲』とは鬼束ちひろさんが2017/02/01に発売された楽曲です。

弦葬曲 歌詞

曲名:弦葬曲

発売日:2018/3/4

歌手:鬼束ちひろ

作詞:鬼束ちひろ

作曲:鬼束ちひろ

隠し通した嘘を 盗んだこと
貴方は笑って許したの
露む熱帯夜はいつかのこと
私は裸足でひざまずいた

逃げても独り
追いかけても独り
惨めで儚くてまるで小鳥

千切れた心は羽根となれ飛んでゆけ
貴方の元からどんどん離れてゆけ
どうせ消えて燃える口づけとなれ
忘れてしまえる傷口となれ

息を殺して それでもつまずく
傾いていた 愛を許したの
奇妙な旅路を振り切ってゆく
いつでも探り合って終わって行った

剥がれた想いは屑となれ錆びてゆけ
私の元からどんどん薄れてゆけ
どうせ堕ちる運命(さだめ)に身を任せ
壊れてしまえる二人となれ

泣く事も最後は華となるの?
すがる事も最後は華となるの?
貴方の罠 私の罠
もう声にもなれない

千切れた心は羽根となれ飛んでゆけ
貴方の元からどんどん離れてゆけ
どうせ消えて燃える口づけとなれ
忘れてしまえる傷口となれ

剥がれた想いは屑となれ錆びてゆけ
私の元からどんどん薄れてゆけ
どうせ堕ちる運命(さだめ)に身を任せ
壊れてしまえる二人となれ

壊れてしまえる二人となれ

忘れてしまえる傷口となれ

鬼束ちひろと弦葬曲と歌詞について

以上が鬼束ちひろ 弦葬曲の歌詞です。

  • 鬼束ちひろの楽曲一覧はこちらから
  • 弦葬曲関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

鬼束ちひろ 弦葬曲の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。