冨永裕輔 故郷の空 歌詞

冨永裕輔 故郷の空の歌詞を提供しています。 『故郷の空』とは冨永裕輔さんが2009/11/13に発売された楽曲です。

故郷の空 歌詞

曲名:故郷の空

発売日:2018/3/4

歌手:冨永裕輔

作詞:冨永裕輔

作曲:冨永裕輔

何も知らない僕に君が見せてくれた宝物
いつの間にか僕は忘れていたのかな…

あの丘越えたら空が近くなる
僕だけの秘密の場所さ
初めて誰かに見せてあげたくて
夕暮れに君の手をとる

大切な景色
大切なひとの瞳に映せば
光が増えた

何も知らない僕に君が見せてくれた宝物
いつの間にか僕は忘れていたのかな…

けんかした後は空も寂しげで
君の涙が染めてるの
強がりをやめてごめんねを言った
君の笑顔が溶けていく

強さとはきっと
自分の気持ちに素直になれたら
胸に宿るもの

何も知らない僕に君が見せてくれた宝物
いつの間にか僕は忘れていたのかな…

見上げればあの日と変わらない
遠い故郷の空

冨永裕輔と故郷の空と歌詞について

以上が冨永裕輔 故郷の空の歌詞です。

  • 冨永裕輔の楽曲一覧はこちらから
  • 故郷の空関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

冨永裕輔 故郷の空の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。