中西圭三 Kissが哀しい 歌詞

中西圭三 Kissが哀しいの歌詞を提供しています。 『Kissが哀しい』とは中西圭三さんが1998/11/26に発売された楽曲です。

Kissが哀しい 歌詞

曲名:Kissが哀しい

発売日:2018/3/4

歌手:中西圭三

作詞:中西圭三

作曲:中西圭三

なにも言わない唇
静かに色が褪めてく
どんな男のつもりで
その瞳は僕を見てる

一度や二度の孤独で
誘ったわけじゃない
許した気持ちを君は
どこへ隠した

KISSが哀しい
きりがなく哀しい
僕になにができるの
好きになるほど
心が迷うなら
ぬくもりから 逃げないで
離れないで

嘘のつきかたを見れば
せつない痛みがわかる
悪い女のふりをして
背中に爪をたてて…

誰かと眠った夜も
君の名前を呼ぶ
君を裏切ることさえ
僕はできない

KISSが哀しい
あてもなく哀しい
君はなににすがるの
つよく抱いても
心まで抱けない
報われずに与えあう
ふたりがいる

KISSが哀しい
きりがなく哀しい
僕になにができるの
好きになるほど
心が迷うなら
ぬくもりから 逃げないで
離れないで

中西圭三とKissが哀しいと歌詞について

以上が中西圭三 Kissが哀しいの歌詞です。

  • 中西圭三の楽曲一覧はこちらから
  • Kissが哀しい関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

中西圭三 Kissが哀しいの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。